石見神楽の初観覧@道の駅ごいせ仁摩

2022年4月23日イベント

「道の駅ごいせ仁摩」のステージにて演じられている石見神楽「塵輪」の一幕
「道の駅ごいせ仁摩」のステージにて演じられている石見神楽「塵輪」の一幕

道の駅 ごいせ仁摩」の常設ステージにて、島根県の伝統芸能「石見神楽」(いわみかぐら)が上演されるというので、道の駅の来訪のついでに見ることにしました。

最初から最後まで、舞台上は迫力でいっぱいでした。石見神楽は今回が最初の観覧だったのですが、割とすんなり劇に入り込めましたし、今回のみならず今後も楽しんでいけそうな気がします。入場料については、中学生以上のみ1,500円請求されることとなっていますが、それだけの価値はあると思います。

この日は、上記写真にある「塵輪」(じんりん)の他に、「恵比須」(えびす)、「大蛇」(おろち)が上演されておりました(いずれも石見神楽の代表的な演目だそうです)。最後までお客さんがほとんど退席せずに残っているなど、ステージ周辺は終始熱気に包まれておりました。

ともあれ、昨今のコロナ禍で厳しい情勢ではありますが、こういった形で少しでも地元の業界団体に貢献したいものではありますね。

ごいせ仁摩での今後の公演スケジュールは以下よりどうぞ(前売券はありません)。