国鉄381系電車(特急やくも号、国鉄色塗装)@JR松江駅

鉄道

JR松江駅にて停車中の国鉄381系電車(特急やくも号、国鉄色塗装)

本日3月19日より、旧国鉄時代の塗装に切り替わった「特急やくも号」が運行されています。これは「特急やくも号」運行開始50周年を記念しているものです。本日の朝方にはJR出雲市駅にて当該車両の出発式が執り行われ、JR西日本の職員や多くの鉄道ファンなどに見守られながら出雲市駅を出発したようです。

この試みは2024年春に予定されている新型車両の投入時まで続けられるそうです。運行期間は長いですので、そうそう焦る必要はなさそうです。しかも、運行スケジュールが公開されていますので、予定を立てるのも比較的容易と言えましょう。ただし、車両故障や点検等の事情で充当されない場合があります。また、繁忙期を中心に、通常色の車両が増結される可能性についてはあらかじめ考えておかないといけません。

ちなみに、私自身も早速乗車してみました(もちろん、松江から出雲市までの短距離ではありますが)。内装や乗り心地こそ今の「やくも」と変わりはありません。ただ、車内チャイムがオールドファンにはお馴染みの「鉄道唱歌」であったり、「やくも」運行開始時の時刻表が広告スペースに掲示されていたりします。少しでも鉄道に関心のある方からすれば、これらの「仕掛け」は感動ものと言わざるを得ません。

本当のことを言えば、出雲市駅で改めて車体等の撮影をじっくりやりたかったのですが、出雲市駅には我先にと写真を撮ろうとする方が多くいらっしゃったため、今回は断念することといたしました。またいずれ、じっくり乗ったり撮ったりしながら、本家ブログの方にも乗車記を公開しようと思います。

何はともあれ、「特急やくも号」運行50周年、本当におめでとうございました。

関連記事(本家)