[お知らせ]各記事のタイトル部分を変更しています(2024/02/25)

[店舗限定]公式自らが「悪魔のカレー」と呼んでいる!? 松屋の「和風ねぎ納豆カレー」、実際に食べてみました(埼玉県某所)

広告あり
はじめに

この記事では、2024年1月16日頃より松屋の一部店舗でテスト販売中の「和風ねぎ納豆カレー」について、感想等を簡単にまとめます。

※数量限定のため、売り切れしだい販売終了するものと思われます。

きっかけ

松屋の公式サイトの「店舗限定キャンペーン」を見ていたところ、たまたま「和風カレー」の店舗限定販売の情報が目に入りました。そこから販売店舗を絞り込み、先日注文して実食してみた次第です。

なお、詳しい販売情報は以下の記事(外部)でもご覧いただけます。

メニューについて

「和風ねぎ納豆カレー」の内容

  • 青ネギ
  • 納豆(パック)
  • 和風松屋カレー

以上、合わせて650円(税込)です。(「和風松屋カレー」単品であれば420円)

補足

上記価格は、それぞれを単品で頼んだときと同じとなっております。

納豆が持ち帰りできないため、こちらのカレーライスも持ち帰り不可能です。(和風松屋カレー単品の持ち帰りは可能です)

販売店舗

こちらのテスト販売メニューについて、販売対象店舗は以下のページにて公開されています。

公式X(旧Twitter)による情報

メニューの情報等は公式サイト上には公開されておりませんが、以下の通り、松屋公式X(旧Twitter)でも紹介されております。

感想など

実際に食べてみて

カレーソースについては、和風ならではの柔らかさと、カレー独特の旨辛な味わいとがよく合っております。従来のビーフカレーとはまた異なった良さが感じられました。具らしきものもほとんどないので、忙しいときの食事としてもピッタリかと思います。

こういったソースだからこそ、納豆との相性も良くなっております。人によっては驚くでしょうし、私自身販促ポスターを見て仰天したのですが、いざ食べてみるとこれがなかなか美味しいんですね。

公式が「悪魔のカレー」と紹介しているのは少々やり過ぎかと思いますが(苦笑)、組み合わせ自体は決して悪くないと思います。健康維持の観点からしても、定期的に食べておいて損はないでしょう。

納豆やネギを問題なく味わえる方であれば、是非とも挑戦してみてください。

値段について

あくまで現在販売中の「松屋(新)ビーフカレー」と「和風松屋カレー」とを比較しての話にはなりますが、単品価格自体は安くなりました。一方で、ほぼ完全な「具なし」となり、トッピング類を追加しないことには食べ応えもあまりなさそうです。

もっとも、サッと食べる分には具なしで十分でしょう。欲張らなければ以前よりも得になるかもしれません。少なくとも、牛めし(並)以外に選択肢ができるのは良いことです。

一方で、従来品のような食べ応えを求めて具を追加したいという場合には、思ったよりも高く付いてしまうこともあり得ます。

そういった点を考慮しても、人によって評価が分かれることになりそうです。

ギャラリー

余談

ソースの中身が変わった「松屋カレー」(仮称)のテスト販売も、上述とは異なった店舗で実施中です。こちらも可能であれば行きたいところです。

関連商品

「松屋フーズ」の過去記事

当カテゴリの過去の記事は以下よりご覧いただけます。

便利リンク集
URLをコピーしました!