[お知らせ]各記事のタイトル部分を変更しています(2024/02/25)
[期間限定]普段とは異なる「綴じないカツ丼」 松のやの「超厚切りロース焼きかつ丼」を食べてみた
広告あり
はじめに

この記事では、1月31日(水)より「松のや」で期間限定で販売中の「超厚切りロース焼きかつ丼」について取り上げます。

ありそうでなかなか無かった「綴じないカツ丼」。トンカツのボリュームもあいまって、とても食べ応え抜群の一皿となっておりました。

商品について

公式リリースによる紹介

公式商品情報

以下のリンクより、こちらの商品の公式情報(アレルギー、栄養素含む)がご覧になれます。

感想

実際に食べてみて

分厚いトンカツを玉子で綴じるのではなく、あえて玉子の上に載せるという一風変わった丼料理となっております。また、厚切りのトンカツについては、リリースにある通り、あらかじめ特製ダレで味付けされているようですね。

カツ丼はどうしてもトンカツの衣がふやけてしまいがちで、その辺りが受け付けない方もいらっしゃるのではないでしょうか。こういった「焼きカツ丼」の形であれば、さほど衣のふやけを気にする必要はありません。トンカツを味わいつつ玉子丼も美味しくいただけるという、ある意味で1杯で2度美味しい丼料理と言えるでしょう。

トンカツにかけられているタレも、「カツ丼」という雰囲気を作り出しつつ、丼としての食べやすさにも貢献している印象です。「ただ単にトンカツを乗せて終わり」ではないところがミソですね。そのトンカツも「超厚切り」のため、食べ応えもバッチリとなっております。

そういったわけで、私としては結構気分良く味わうことができておりました。今後の展開にも期待したいところです。

もっとも、カツ丼ならではの「ふやけた衣」が好みだという方もいらっしゃるかと思います。そういった方には、今回の限定メニューは不向きだったのかもしれません。

値段・その他

並盛りで930円(税込)と、普通のカツ丼(630円・税込)と比べても結構高くなっております。もっとも、「超厚切りロースかつ丼」と比べると40円分だけ安いことを考えると、ほんの少しとはいえ得をした気分にもなります。

値段の分だけ食べ応えもバッチリありますし、普段は「焼きかつ丼」を食べられる機会もありません。終売が予告されているだけに、販売期間中に食べる機会に恵まれますと何よりです。

関連商品

「松屋フーズ」の過去記事

当カテゴリの過去の記事は以下よりご覧いただけます。

便利リンク集
URLをコピーしました!