[お知らせ]各記事のタイトル部分を変更しています(2024/02/25)

出雲市と雲南市の団体、「第12回和牛オリンピック」でトップレベル評価の快挙達成

広告あり

日本トップクラスの和牛を召し上がりたいならば、是非とも出雲地方へ!

概要

2022年10月6日から10日にかけて、鹿児島県で「第12回 全国和牛能力共進会」(通称「第12回和牛オリンピック」)が開催されておりました。

この大会において、島根県出雲市の畜産団体「藤増」(ふじます)、同市の高校「島根県立出雲農林高校」、そして雲南市の「JAしまね 吉田肥育センター」が提供した肉牛が、それぞれについてトップレベルにあると認定されたようです。特に、藤増牧場が出した肉牛は、3部門で上位に輝くなど、非常に高い評価を得ることとなりました。

快挙の内容

藤増(出雲市)

上記ページよりご覧になれる「肉牛の部」(第6〜8区)において、それぞれ以下の通りの結果となっています。

  • 第6区(枝肉部門):第1位(「JAしまね 吉田肥育センター」と共同受賞)
  • 第7区:第2位
  • 第8区:第2位

なお、この団体については「補足」の項にて簡単に紹介していますので、ご興味のある方はそちらもご覧ください。

JAしまね 吉田肥育センター(雲南市)

「吉田肥育センター」は第6区のみの受賞でしたが、上述の通り、同区の第1位を藤増と共同で受賞しております。それに加え、同団体の生産した枝肉が特別賞「脂肪の質賞」を受賞しており、第6区優勝に花を添える形となりました。

この団体の生産する肉牛については以下の情報も参考になります。

島根県立出雲農林高校(出雲市)

次世代の担い手を育むことを目的に、「和牛オリンピック」では今大会から「特別区」が設立されております。同区において、出雲農林高校の出品した種牛が第5位となり、特別賞「顔品賞」まで受賞するという快挙を成し遂げました。

快挙記念ギャラリー

しまね和牛、総合評価でも3位に

上記の通り、この記事で紹介した快挙は肉牛部門(第6区から第8区)がメインとなっています。ただ、種牛部門も加味される総合評価においても3位となっており、全体的に極めて高い評価であったことが窺えます。

近頃、島根県内における和牛飼育について景気の悪い話が飛び交っておりましたので、今回の快挙で少しでも好転すると良いですね。ともあれ、島根県の関係者の皆様、本当におめでとうございます!

総合評価による順位をご覧になりたい方は以下からどうぞ。

補足

「藤増」について

藤増」とは、出雲市内に食料品店や飲食店を展開している会社です。「藤増牧場」という畜産農場を抱えていることでも有名で、「しまね和牛」の卸売にも長らく関与しています。

当ブログでは、同社が経営する飲食店について、以前取り上げたことがあります。この記事をご覧になっている方で、もし出雲市にお越しになることがあれば、こちらのお店に足を運ぶこともお考えくださいませ。

鳥取県の和牛はなおも高評価ではあるが

上述の総合順位をご覧になればお分かりの通り、鳥取県の団体が生産した和牛は総合で10位となっています。種牛部門では上位に食い込む区域が目立ちましたが、肉牛部門の評価が予想しているほどではなかったというのが、最終的には大きく響いているようです。

全国的に見れば、やはり上位であることに間違いはありません。ただ、前回の大会における成績を考えますと、鳥取県の関係者の方々にとっては不本意な結果に終わったと思います。

ともあれ、今回抱いたであろう悔しさをバネに、次の大会に向けて、更なるレベルアップを目指して邁進していただきたいものです。

【追記】ついに「しまね和牛」公式サイトなども公開(2023/10/17)

以下の記事の通り、「しまね和牛」公式サイトや公式SNSアカウントが公開されておりました。これでますます「しまね和牛」から目が離せなくなりますね。

便利リンク集
URLをコピーしました!