[お知らせ]記事一覧および記事タイトル部分においてコメント数を表示できるようにしました(2024/03/29)
[終売済]満を持しての復刻販売、松のやの「ロースミルフィーユかつ定食」
広告あり
はじめに

この記事では、1月10日(水)より「松のや」で期間限定で販売中の「ロースミルフィーユかつ定食」について取り上げます。

薄切りの豚肉を積み重ねたトンカツ、普通よりもやわらかくて味わいやすい一枚となっております。多くの方々の支持を集めたのも分かるというものです。

商品について

公式リリースによる紹介

公式商品情報

以下のリンクより、こちらの商品の公式情報(アレルギー、栄養素含む)がご覧になれます。(従来の3枚入りのメニュー情報です)

補足

上記リリースにあります「松のやオリジナル揚げ物ランキング」は、松のや公式Xにて昨年11月下旬に実施されたものです。およそ半数の票数を集めての1位で、2位の「牛かつ」の2倍以上の票数を付けての大差となりました。(なお、総票数は5,356票とのことです)

感想

実際に食べてみて

薄切り肉を積み重ねてトンカツの形として仕上げたというだけあって、普通の「ロースかつ」よりもかなり柔らかく食べやすいと思いました。

何と言っても薄切り肉ならではの旨味をたっぷりと味わえるのが良いですし、松屋の豚焼肉とはまた違った形でいただけるのも嬉しいというところです。気になりそうなクセもないので、多くの方々の支持を得たのも分かります。

また、セットでついてくる「ガーリックバター」のソースも独特で良いものだと思いましたが、こちらは少々脂っぽく、臭いもちょっとキツいので、一度食べれば良いかな、というところです。次回注文するときは「鬼おろし」でいきたいですね。

値段など

今回はガーリックバターソース付きで790円、「鬼おろし」なども790円となっており、昨年出たときと実質値段変わらずとなっております。物価高が続く中、この配慮は嬉しいの一言です。

とはいえ、「ガーリックバターなし」(690円・税込)の選択肢も残してほしかったというところ。復刻販売ならではの特別感も演出したというところでしょうが、選べなかったのが少々残念でした。ガーリックバターソース自体は悪くないのですけれどもね。

ギャラリー

関連商品

「松屋フーズ」の過去記事

当カテゴリの過去の記事は以下よりご覧いただけます。

URLをコピーしました!