[お知らせ]各記事のタイトル部分を変更しています(2024/02/25)

【ご当地マンホール】岡山県倉敷市の4か所に設置された「ポケふた」を見てきました《岡山県倉敷市》

広告あり
鷲羽山展望台の敷地内に設置されている「ポケふた」(岡山県倉敷市にて)

岡山県だからこその、桃太郎と家来がモチーフのマンホールでございます。

はじめに

2021年7月下旬より、倉敷市内の4か所において、ポケモンが描かれているマンホール、通称「ポケふた」が設置されています。具体的な内訳は、鷲羽山展望台に1枚、美観地区周辺に3枚です。

今年の元日早々、これらのマンホールを見に行くことができましたので、記録等を簡単に記しておくこととします。

ギャラリー

モチーフについて

以下に挙げる通り、各ポケモンたちは童話「桃太郎」に登場するキャラクターを想起させるものになっています。背景については、倉敷市内の各観光名所というところでしょう。

  • ルカリオ」(青枠):桃太郎、瀬戸大橋の眺望
  • ケンホロウ」(黄緑枠):キジ、白壁の蔵屋敷
  • ワタシラガ・サルノリ」(白桃枠):サル、川舟流し、綿花
  • アゲハント・ポチエナ」(薄紫枠):イヌ、倉敷川の千本桜

余談

少々マニアックにはなりますが、実は倉敷市は「桃太郎伝説」とはあまり関係がありません(まったくゼロというわけではありませんが)。岡山県だからというだけで桃太郎のモチーフが選定された可能性が高いです。

桃太郎に関わりの深いスポットとして代表的なものは、総社市などに点在する古墳、総社市のミステリースポットである「鬼ノ城」、あるいは岡山市の「吉備津神社」や「吉備津彦神社」あたりです。

その他にも魅力あるスポットが岡山には多数あります。「ポケふた」巡りのついでに、桃太郎ゆかりの地を訪れるのも悪くはないかと思います。

便利リンク集
URLをコピーしました!