[お知らせ]各記事のタイトル部分を変更しています(2024/02/25)
【店舗限定】味噌味の豚ステーキに京風味噌ソース。テスト販売中の「京風豚ステーキ定食」(東京都某所)
広告あり
はじめに

この記事では、2023年12月12日頃より松屋の一部店舗でテスト販売中の「京風豚ステーキ定食」について、感想等を簡単にまとめます。

※数量限定のため、売り切れしだい販売終了するものと思われます。

きっかけ

松屋の公式サイトの「店舗限定キャンペーン」を見ていたところ、たまたま「京風豚ステーキ定食」の店舗限定販売の情報が目に入りました。そこから販売店舗を絞り込み、先日注文して実食してみた次第です。

なお、詳しい販売情報は以下の記事(外部)でもご覧いただける他、当ブログでも先日取り上げております。

メニューについて

「京風豚ステーキ定食」の内容

  • ご飯(小盛から特盛まで選択可能)
  • 味噌汁(店内のみ)
  • 京風豚ステーキ(豚肉の西京焼風)
  • 西京味噌ソース
  • 生野菜サラダ

以上、合わせて930円(税込)です。

なお、「ダブル定食」など、豚肉増量メニューの販売はありません。

販売店舗

こちらのテスト販売メニューについて、販売対象店舗は以下のページにて公開されています。

感想など

実際に食べてみて

西京焼風に味つけされた肉厚豚焼肉がほどよい美味しさで、結構食べやすいです。調理に時間がかかるのが欠点ですが、しばらく待つだけの価値はあると思います。西京焼といえば魚を想像しがちですが、こういった味わい方もあるのですね。

味噌だからといっても味噌独特の辛さは無く、むしろ結構甘めです(これも西京焼きの特徴ですね)。それほど濃いというわけではありませんが、だからと言ってご飯に合わないわけではありません。むしろ豚肉とよく合うように味付けされていますので、ご飯もよく進むというものです。

付属の西京味噌ソースについては好みが分かれるところかもしれません。豚ステーキ同様に京都風ならではの甘めの味噌なので、辛い味噌の好きな方にとっては少し敬遠したくなるでしょう。もちろん、ソースを付けながら食べる方が良い、という方もいらっしゃるかもしれません。

私自身は松屋の肉厚豚焼肉を数ヶ月ぶりに食べられて良かったと思います。良い機会なので、味に不安のある方も、限定メニューとして試食する分には悪くないでしょう。

値段について

以前の「トンテキ定食」(税込790円から)などと比べると価格はいくらか上がっております。その割に分量はほぼ同じくらいなので、物価高の影響は確実に出ていると言っても良いでしょう。ただ、仕込みの段階でいくらか手間がかかっているように感じますし、その影響も価格に反映されているかもしれません。

せっかくの肉厚豚焼肉の復刻商品(マイナーチェンジ版)ではありますし、待ち望んだメニューであることには変わりありません。ただ、薄切り豚焼肉への入れ替えがあったということが、再販時の値上げの口実に使われた感もあって複雑ではあります(もちろん、値上げ自体は悪いことではありません。念のため)。

ギャラリー

京風豚ステーキ定食(実物)

京風豚ステーキ定食(販促ポスター)

関連商品

「松屋フーズ」の過去記事

当カテゴリの過去の記事は以下よりご覧いただけます。

便利リンク集
URLをコピーしました!